『総評9』リアデイルの大地にて

総評9/20
ストーリー3
キャラクター2
文章力2
面白さ2

作品を読む
作者:Ceez 様


書評


長いし、完結済。と言うところでは、評価したい。ただ、キャラクターが浮世離れし過ぎて現実味、(ファンタジーに現実味を求めるのもいかがなものかと思うが、世界観や考え方がちゃんとしてないとぺらいと思いませんか)が、薄い感じです。それを納得させる背景が足りないというか…。とりあえず長いですし暇潰しになると思います。


あらすじ

事故で半身不随となった“各務桂菜”は、ある日停電により死んでしまい、直前まで遊んでいたオンラインゲームの世界へ。 目覚めてみればゲームをしていた時代より更に200年後? とりあえず生きていく為には何を成さねばならないのか。 ゲームだった世界で、手探りで進む彼女の前に立ち塞がる者は!?
(お手数をかけますが、誤字脱字についてはメッセージでお願いします)
2016年現在続編にあたる『砂塵の向こう側にて』を連載中です。
作品を読む

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中